その「塾」大丈夫?  

塾の種類

「塾」の始まり

学習塾の種類

塾の形態

「塾」向きの子

「家庭教師」向きの子

お問い合わせ

 

 

 

はじめに

 私たちが子どものころは塾に通う子はまだ少ない時代でしたが、最近では小学生に入るとともに「塾」に通う子が増えているようです。

 小学生〜大学生までの通塾率は全体では38.5%、高校受験を控えた中学3年生が最も多く65.7%、また意外にも小学校1年生で25.4%という結果が出ています。

 子ども達が塾に通うきっかけは、受験対策であるとか、学力の低下が心配だとか、周りの子が通っているからなど様々ですね。東京の方では中学も公立ではなく私立の志向が強いので、家庭教師を早くから始めている子もいるとか。

 世の中に多く存在する「塾」・・・あなたは何を決め手に選びますか?
 カリキュラムがしっかりしている塾、家から近い塾、いろんな塾が存在しています。子どもに合う塾とはいったいどんな塾なのか?それとも家庭教師の方が向いているのか?など考えるだけで気が遠くなるかもしれませんね^^;

 ですが、そんな中から、新聞広告の折り込みチラシでみた大手の塾に何となく申し込んだり、ただ家から近いからという理由だけで選んでいては、貴重な時間とお金を無駄にしてしまいかねません。

 お子様の将来がかかった重要な「塾」選び。きちんとした情報を仕入れて、お子様にあった「塾」を見つけていきましょう。
 ここでは、塾選びのヒントになるようなことをあれこれ語っています。
 皆さんの塾選びの一助になれば幸いです。

「塾」の始まり

塾は、平安時代から始まったと言われています。16世紀頃までは上流階級の子弟のための存在だったようですが、江戸時代に入ってから、藩校(幕府・諸藩の学校)に加えて私塾や寺小屋などが開設され、「読み書きそろばん」と言われるように塾が広く一般化したようです。

「塾」と学校の違い

大きな違いは、塾は義務教育ではないということ。義務教育の小中学校では、次の日も必ず生徒が来るのに対して、塾の場合、次の日も生徒が来てくれるとは限りません。ですからほとんどの塾は、生徒が納得して次の日も来てくれるように分かるまでじっくりと教えてくれます。公立の小中学校では、生徒は学校を選べません(選べる制度も一部では始まりましたが・・・)。しかし塾の場合は、学区などないので自分が気に入ったところに通うことが出来ます。ですからほとんどの塾は、数多くのライバル塾の中から自分の塾を選んでもらえるように、中身の充実に力を入れているようです。

「塾」と予備校の違い

塾は、主に中学生と小学生を対象に、平日の夕方から夜にかけて授業を行っていますが、予備校の対象は主に浪人生と高校生であり、浪人生向けには平日の昼間、そして高校生には平日の夜と週末に授業を行っています。最近は、高校生になっても通い慣れた塾に引き続き通う生徒結構多く、予備校はかつての勢いを失いつつあるようです。

 「塾」と家庭教師の違い

簡単に違いをいってしまえば授業を受ける場所の違いということ、また1対1での授業になるので分かりやすいということ。また、お子様の性格的に大勢の中では質問できないという場合や他の生徒との学力に大きな差がある場合、勉強のコツがいまいち分からないなどの場合は塾よりも家庭教師にしてみると効果があるようです。

pickup

アスクル法人様向けカタログ無料請求サイトです。

アスクル カタログ

アクセスし易い立地で人数、用途、机のレイアウトなど様々なニーズに応えられる会議室をご用意しております。

貸会議室 八重洲

高発色デカ目

カラコン 発色

信頼度が高く、契約内容も明確な形で中古艇を購入する事ができます。

中古ボート

水素水を極めるならアキュエラブルー。ご家庭に医療現場でも使用されるサーバーを。

水素水 効能

Last update:2016/8/8



 

Copyright c その「塾」大丈夫? All Rights Reserved.